フルチンで寝たら開放的で気持ちよかった話

この記事をシェアする

こんにちは、しいたけです。

先日、いつものようにネットサーフィンをしていると、ある記事が目につきました。

『ハダカ睡眠がもたらすメリット!』

記事を読んで分かったのですが、裸で寝るとダイエット効果があり、自分に自信がつき、美肌にも良い。裸で寝てないのは日本だけ。

らしいです。

…え?裸で寝るのってそんなに良い事なの?

裸で寝るなんて、どちらかというと『悪い事』に部類される印象。

衛生的にも良くなさそうだし、体が冷えそう…まあ、やったんですけどね。

「やったらダメ」と言われるとよけいにやりたくなるあの現象です。

結論から言うと、やばいくらい気持ちよかったので、その気持ち良さを絵とともに解説しますね。

某日、僕はいつものように布団にもぐりこみました。

あ、念のために言っておくと、この絵はハゲですが僕はハゲてないです。

布団内の僕は全裸。フルチンです。

布団に入った瞬間、毛布のファサファサとシーツのひんやり感が僕の体を刺激。なんだこれすごいぞ。

いきなり来た気持ち良さのダブルパンチに、むき出しとなった僕のチンコは嬉しい悲鳴をあげていました。

体を包み込む毛布のファサファサ感と生ぬるい感じ。

得体の知れないナニカに丸のみにされている感触が僕の体を襲います。

ぬお、すごい。このままだと溶ける…なんて事を思い始めたが最後。

僕はあっという間に深い眠りに落ちました。

見た夢は、学校の友達がパンになるというごく普通の夢だったので割愛します。

ただの思い込みかもしれませんが、確かにいつもより疲れが取れている気がしたので、

是非みなさんも1度はやってみてください!

あと、女性の方は写真を撮って僕に送ってくれるとありがたいです!

それでは!

コメントはこちらから!

この記事をシェアする