童貞の卒業証書を作ってみた

この記事をシェアする

自分に自信が持てない童貞のみなさん、誰にも攻められないのに無駄に鉄壁な処女のみなさん、ごきげんよう。

どうも、童貞です。

この世界は広いもので、同性を愛する人、動物に欲情する人、そして処女をこよなく愛する人もいます。

俗に言われる処女厨です。

そんな人たちによって、処女には希少価値が付けられ、高雅なものとして扱われてきました。

…しかし童貞はどうだろう。

童貞といえば『モテない』『ダサい』『童貞が許されるのは小学生まで』などなど、厳しい意見が多くぶつけられるのが現実。

同じ未経験なのに、こんなにも差があるのはおかしいのです。

そこで今回は、童貞卒業した時にもっと祝ってもらえるよう、童貞の卒業証書を作りたいと思います。

素材を探す

『賞状 素材』でググったら1発で出てきました。

今回は縦書きタイプを使います。

文字を入れる

童貞を卒業したのだから、それはそれは盛大に祝ってあげなければいけません。

それと共に、これまで童貞を守り抜いた事を褒め称え、これまでの不安を優しく包み込んであげるための卒業証書がこちらになります。

卒業証書

あなたは永きに渡り、一人の男として童貞を守り抜いてきました。

時に誇りを持ち、時に不安になりながら生き抜き、童貞人生の全過程を修了した事をここに証します。

ああ、なんて素晴らしい賞状なんでしょう。

夏目漱石が弟子入りしてもおかしくない文章力です。

印刷する

ヴィーーーン

素人が作ったとは思えないほど立派な賞状に仕上がりました。

渡す際、名前と日付を入れられるよう、そこは空白にしておきました。

童貞卒業証書のおかげで、辛く悲しい童貞生活を終わらせた際の達成感がより大きくなったと思います!やったね!

そういえば、僕には必要ありませんでした。

コメントはこちらから!

この記事をシェアする