お金を拾って生計を立てる『地見屋』をやってみた

この記事をシェアする

こんにちは。

しいたけです。

みなさん、『地見屋』って知っていますか?

地見屋とはお金になる物を拾って生計を立てている人たちの事で最近では地見屋のバイトもあるみたいです。

地見屋には大きく分けて2つの地見屋があり

  1. 直接お金を拾って稼ぐ
  2. 馬券などお金になる物を拾って稼ぐ

の2種類があるみたいです。

1は手軽に誰でもできますがお金なんてそうそう落ちている事が無いので稼げても数百円らしいです。

2は競馬場でハズレだと思い捨てられた馬券が実は当たりで…という事を期待し拾う地見屋で、1回で数万〜数十万稼げるらしいです。

お祭りの後には多くのお金や財布が落ちていると聞いたので今回は1の地見屋をやってみました。

実際にやってみた

近所でお祭りがあり、まだ屋台は残っています。

ウン万円が入った財布を拾ったらどうしようなんていう淡い期待を抱きながら歩き始めました。

探し始めて10分

とりあえずぐるっと1周してみましたが特にお金や財布らしき物は落ちてませんでした。

探し始めて30分

屋台の下などを見ていると警備員さんに遭遇。

警備員さんもキョロキョロしていたのでお金を探していたのかな?

相変わらずお金や財布らしき物は落ちてません。

探し始めて1時間

ヘトヘトになりつつもう諦めかけていた時

これは!!!!!!!!

…ただの白くて丸いシールでした。

その後も探しましたがなにもありませんでした。

この1時間ポイントサイトなどに使った方が稼げたな。

(おわり)

この記事をシェアする